へたくそ会ブログ

四国西南部~宇和海~伊予灘まで大物を求めて出撃するメンバーのブログです

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

ハブ太郎 

20080528habutarou.jpg


仕事が忙しく釣りに行けない日々が続くとお花畑で蝶々と戯れる夢を見るという顔に似合わないデリケートな一面を持つお兄ちゃん。

愛馬ロシナンテに跨ると人格が変わる。
スポンサーサイト

長ちゃん 

20080417nagachan_nakabae.jpg


いつも紳士の長ちゃんです。

運が悪い為、大物には出遇えずいつも小さなお魚さんと遊んでいます。

日振よね?ちゃん 

20080418yonechan.jpg


日振の住人、よねちゃんの遠投の様子です。

持病の腰痛の為にカゴもフカセも殆どクーラーに座ったままの釣りスタイルで、立っている姿をが見られるのはカゴを投げる時と大物との遣り取りの時だけ。

また、寂しがりやで夜釣りはもちろん昼釣りでも大音響でラジオを聞いているので、一緒に上がると釣りに集中出来ないかも。

道糸 

20080526mitiito.jpg



道糸は、大まかに分けるとナイロン、フロロカーボン、PEの3種類あり、大半の方がナイロンで、ごく一部の方がPEを使っていると思います。

PEの良さは、言わずと知れた飛距離と耐久性にあり、欠点は軽い素材の為に風のある時は扱い難い事と、摩擦に弱い事、値段が高い事です。


今回は、ナイロンとPEのどちらが良いかという事ではなくて、ハリス、道糸、竿のトータルバランスについて私なりに思った事を書こうと思います。

フカセをする方の多くは、今更と思われる当然の事なのですが、カゴを振る方の中には、バランスについて頓着されていない方が多くいますので、その辺の事をちょこっと。

まず、カゴを振る場合、重い鉛の付いたカゴにマキ餌を入れ、軽く投げる場合とフルスイングをする場合、また対象魚によって使う竿は、3号、4号、5号となります。

3号の竿で12号の鉛の付いたカゴにオキアミを詰めフルスイングをすると投げ方によっては竿を折る危険が伴いますが、4号竿なら楽々放る事が出来ます。

しかし、カゴに見合った竿を先に決めた場合、バランスを考えると使うハリスの太さが自ずと決まり、3号竿では6~8号、4号竿なら8~10号といった具合で、道糸は同じ号数かワンランク下の号数になります。

夜釣りなら、この大きさのハリスで充分釣れますが、目が良いと言われるイサギやアジを日中に狙うのは不利で、4~5号のハリスを使いたいところです。

ですが、3号竿に4~5号のハリスも4号竿に4~5号のハリスも竿の反発力の方が強く、間違って大きなお魚がヒットした場合に上手くあしらわないと簡単に切れてしまいます。

なら、どうすれば良いか? ですが、結論は優しい遣り取りをするだけです。(^^;

2号の竿なら4~5号のハリスでちょうどバランスが良いのですが、重いカゴを放れるわけがありませんので、バランスの悪いタックルで釣っているという事を念頭において、腫れ物に触るように優しくお魚を怒らせないように騙し騙し寄せるに尽きます。

何が言いたいのかよう解らんなりましたが、お魚獲る獲らんはバランスがキモですわ。
道具  :  trackback 0   :  comment 15  : 

日振21番 

20080524chouka.jpg


5/24(土)、予定通り隊長と二人で日振へ行ってきました。

悪天候の予報の為、お客さんの数はS渡船は6人、他に3船出船していましたが、どこも少なかったです。

隊長は、クジにない3番を「はま渡船さん」に譲って貰い単独3番へ、次に二人組が8番先端、底物の方が19番、単独の常連さんが20番に、最後にぼくが21番へ降りました。


タックル
竿1.2号、リール2500番、道糸ハリス共3号


上がって9時頃までの満ち潮でコッパ2枚を釣り、そろそろ潮が替わるなあと引潮に期待をして漠然と磯際のウキを眺めているとウキがマッハで視界から消え、竿をひったくられ穂先が海面に突き刺さりニュルニュルにしていたドラグが仇となって道糸が気持ちよくジャージャー出ていってしまいました。

獲れん!(^^;

この時点でお魚はシモリの間の深みに逃げ、どう考えてもぼくの負けですが、ドラグを締め直し一か八か強引に浮かせようとしましたが、道糸から持って行かれました。

久し振りに手応えのあるお魚さんで、ドラグさえ緩めてなかったら獲れた相手かも知れず悔やまれる一発でした。


その後、潮が引きに替わってすぐに22番の方がシマアジの40クラスを上げ、シマアジが回っている事を知り、次にヒットしたら大事に遣り取りをしようと思っていると、ウキが斜めに気持ちよく入りました。

シマアジかなあ???

いつになく想定通りに優しい遣り取りをして浮かすと紛れもないシマアジです。

それも良型の40cmで大事に寄せようとすると右や左にお魚に思うように遊ばれますが、タモを片手にしばらく遣り取りをしてやっとタモに収まってくれました。


20080524simaaji42cm.jpg
シマアジ42cm 10:01


この後は、35cmくらいのコッパを追加しただけで、30~40クラスのお魚は沢山見えるのに何故かサシ餌には見向きもせず追加をする事は出来ませんでした。

8番に上がっていた方達は、二人共35Lのクーラーいっぱい釣ってましたので、釣れなかったのは腕のせいかな?(^^;

テーマ: フィッシング(釣り)

ジャンル: スポーツ

長ちゃん  :  trackback 0   :  comment 6  : 

5/24 出撃予告 

20080523taichou.jpg



会のブログを立ち上げました。

以前から使用しているスケジュールは、サーバーの容量がいっぱいで、近い内に使えなくなりますので、今後はこちらをメインに使っていただきたいと思います。

新規記事書き込み時のIDやパスワードは、メールにてお知らせいたしますので、よろしくお願いします。



ところで、明日5/24(土)は、悪天候が予想されますが、隊長がどうしても日振に行きたいらしいので、雨にも風にもシブキにも負けずにS渡船で二人で行ってきます。

一緒に行きたいという方は拒みませんので、AM4:00までにS渡船へお越しくださいませ。


By 長ちゃん
未分類  :  trackback 0   :  comment 6  : 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。